多摩区版 掲載号:2011年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

新しいママにバッグ配布 多摩商連と日本女子大がコラボ

文化

「子育て支援」をテーマに作られたエコバッグ。「ニワトリの絵が可愛い」と女性からも好評だった(今月15日、多摩区役所で)
「子育て支援」をテーマに作られたエコバッグ。「ニワトリの絵が可愛い」と女性からも好評だった(今月15日、多摩区役所で)

 日本女子大学の学生がデザインを手がけ、多摩区商店街連合会が製作したエコバッグが今月15日、多摩区役所保健福祉センターでこれからお母さんになる女性を対象に配布された。

 バッグは09年、同大学人間社会学部の学生がCGクリエーターの松原直樹さんの指導のもと、授業の課題のひとつとして4ヶ月ほどかけてデザインした。テーマは「子育て支援」。表面にはニワトリと産まれたてのヒヨコが愛らしく描かれていたり、エコとニワトリの鳴き声をもじって「エコッコー」と書いたりと女子大生らしい感性が光る。

 バッグを受け取った丹羽千裕さん(31・菅仙谷)は「子育てをすると荷物が増えると聞いている。容量の多いこのバッグは便利そう」と眺めていた。

 約1600個製作した同商連の結城光雄会長は「多摩区に住んでくれるお母さんや赤ちゃんを商店街でも支援したくて作った」と話している。

 このバッグは「子育て支援パスポート」を持っていて、妊婦とそのパートナーを対象にした同センター主催の勉強会「両親学級」に参加した人がもらえる。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク