多摩区版 掲載号:2011年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

青少年意識調査 約8割が地元「好き」 地域活動、ボランティア活動の参加機会が課題

 川崎市の青少年意識調査で居住地への好意度が平成17年度の前回調査より3・2ポイント上がり、80・5%となった。一方で地域活動やボランティア活動への参加率は低調で参加への機会づくりの必要性が指摘された。

 青少年意識調査は、川崎市が1985(昭和60)年度から5年毎に実施。今回の調査は市内在住の満13歳から24歳までの男女3千人を対象に行い、1094人から回答を得た。

 居住地への好意度で多摩区は市平均を上回る81・9%となった。好きな理由として38・7%が「住み慣れたところ」、24・6%が「交通機関の便利さ」、15・3%が「日常生活の便利さ」を挙げた。

 地域活動への参加率は前回時より2・4ポイントアップし、9・6%となったが、参加していない人の割合は89・9%を示した。「どのような活動が行われているか知らない」が38・4%、「興味がない」18・7%、「時間的余裕がない」17・6%が参加しない理由となった。

 一方、参加する地域活動については「祭、運動会」が43・8%、「スポーツ活動」が30・5%、「文化・芸術活動」が15・2%と続き、川崎区(11・3%)、幸区(11・5%)、多摩区(11・1%)で参加している割合が高かった。

 ボランティア活動の参加割合は26・5%で活動内容は「清掃、緑化活動」が42・8%、「リサイクル活動」が26・9%、「高齢者のための活動」が23・1%の順となった。地域別でみると、中原区(29・7%)、多摩区(28・1%)、麻生区(27・7%)の参加率が高く、川崎区(21・4%)、幸区(24・0%)は平均を下回った。

 一方、不参加者の中では「参加するきっかけがない」人が37・8%を占めたことも判明。市では参加への機会づくりの必要性が高まったとしている。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

生田緑地 動画で集客へ

人種差別条例に刑事罰を

市民団体

人種差別条例に刑事罰を

3月9日号

のらぼう菜 栽培普及へ

明大農学部

のらぼう菜 栽培普及へ

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

登戸駅に北口改札

小田急電鉄

登戸駅に北口改札

3月2日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク