多摩区版 掲載号:2011年5月20日号
  • googleplus
  • LINE

口笛が上手になるシステム 明大院生の松岡さんが学会から受賞

「口笛拡張場」を作った松岡さん
「口笛拡張場」を作った松岡さん

 明治大学の大学院生の松岡拓人さんが先ごろ、情報処理学会主催の「インタラクション2011」でプログラム委員の投票によって決められる「インタラクティブ発表賞」を受賞した。

 松岡さんが発表したのは、その場所に立つだけで、誰でも口笛が上手に吹けるシステム「口笛拡張場」。

 これは、かすれてしまった口笛の音をマイクで取り込み、パソコンで瞬時に処理して、再びスピーカーで音を出すもの。かすれてしまいがちな低音から高音まで美しく聞こえる。

 ポイントとなるのが音を特定の方向だけに向ける高指向性スピーカー。演奏者の顔に向けて音を発することで、音が反射して演奏者の口元から音が出ているように聞こえるので、本人が自然に口笛を吹いているように聞こえる。

 きっかけは、かすれてしまった口笛の音でも、それを機械で増幅することで、きれいな音にすることができることに気づいたことだという。

 松岡さんは「大掛かりなシステムを必要とせず、その場に立つだけで、誰でも口笛がうまく吹ける点がポイントです。今後、他のジャンルにも挑戦していきたい」と話した。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク