多摩区版 掲載号:2011年5月27日号
  • googleplus
  • LINE

県民参加で節電15% 真夏の電力不足備え、6月22日に

県と3市で社会実験

 電力不足の事態に備えようと、神奈川県と川崎市、横浜市、相模原市の4自治体が夏至の6月22日(水)、県民参加で使用電力を抑える社会実験「節電チャレンジ」を実施する。県民や企業、行政が一丸となって前年同日比15%カットをめざすという。

 この取り組みは福島第一原発の事故の影響による真夏の電力不足に備えるのが目的。横浜市の呼びかけに各自治体が連携して実現した。

 川崎市環境局によると、昨年同日の県内最大電力使用量は午後2時台にピークを迎え、786万キロワットを記録したという。今回は6月22日の午後1時から3時を対象に15%減の668万キロワットをめざす。

 全県民には、冷房を使用する場合、28度を目安に通常よりも2度高い温度設定にするか、冷房を使用せずに扇風機へ切り替えることを求めている。

企業はランチシフト

 事業者に対しては電力使用の分散を図るため、昼休みの時間帯を分散する「ランチシフト」を呼びかける。電力需要が一時的に少なくなる正午から午後1時の間は事業活動を継続し、午後1時から3時の間に昼休みを取ることを求めていく。こうした取り組みは全国で初めてという。

 そのほかの取り組みとして、「不要な照明はこまめに消す」「エレベーター・エスカレーターの稼動を停止する」「洗濯機、乾燥機、電子レンジ、ドライヤーなどの家電製品を使わない」といったあらゆる節電の協力を求めている。

 4自治体ではピーク時の消費電力の対前年比較などの結果を速やかに公表し、夏季の取り組みに生かしたいとしている。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク