多摩区版

2011年5月の記事一覧

  • ユニフォームクッション販売中

    GO!GO!!フロンターレ

    ユニフォームクッション販売中

     フロンターレの試合用ユニフォームを模ったクッションが今月22日(日)まで同クラブオフィシャルWEBショップで販売中。デザインはホーム用、アウェイ用、...(続きを読む)

  • 洋服作り体験が人気

    洋服作り体験が人気

    ニットソーイングクラブがホビーショーに

     先月27日から29日まで東京ビッグサイトで開催された「第35回日本ホビーショー」に、神奈川県内をはじめ国内や海外でも洋裁教室を展開する(株)ニットソ...(続きを読む)

  • 被災者にリサイクル家具提供

    市環境局

    被災者にリサイクル家具提供

    5〜7月で計180点、各月抽選

     川崎市環境局では東日本大震災の被災者支援の一環として、市が収集した粗大ごみの中から再利用可能な家具類等を補修した上、市内への避難者に無償で提供する。...(続きを読む)

  • 口笛が上手になるシステム

    口笛が上手になるシステム

    明大院生の松岡さんが学会から受賞

     明治大学の大学院生の松岡拓人さんが先ごろ、情報処理学会主催の「インタラクション2011」でプログラム委員の投票によって決められる「インタラクティブ発...(続きを読む)

  • 自宅と変わらない暮らし

    中野島に入居一時金ゼロの介護施設オープン

    自宅と変わらない暮らし

    5月14日・15日現地見学会を開催

    全室個室で安心価格  南武線中野島駅から徒歩2分の好立地に6月1日(水)、介護付有料老人ホーム「Sアミーユ...(続きを読む)

  • 市民劇が連日満席に

    市民劇が連日満席に 文化

    市民館で「枡形城落日の舞い」

     鎌倉時代の多摩区を舞台に、武将とその妻の愛や権力者たちの栄枯盛衰を描いた川崎郷土・市民劇「枡形城落日の舞い」が6日から始まった。会場となった多摩市民...(続きを読む)

  • イヤホン、携帯に罰則

    イヤホン、携帯に罰則

    多摩署が周知呼びかけ

     神奈川県道路交通法施行細則の一部改正で、自転車運転中の携帯電話やイヤホンなどの使用が5月1日から禁止された。多摩警察署(菅原保署長)が5日、改正内容...(続きを読む)

  • 「脱原発」市民が集会

    「脱原発」市民が集会 社会

    「ネットワークの力で行政を」

     福島第一原発の事故を受けて、「脱原発」を訴える市民の集いが7日、登戸のNPO法人ぐらす・かわさきの事務所で開かれた。同NPOのメンバーらが中心となっ...(続きを読む)

  • 「9条を守ろう」

    「9条を守ろう」 社会

    ピースパレードに約200人が参加

     憲法記念日の3日、平和を願うイベント「憲法まつり」と「ピースパレード」が区内で開かれ、参加者約200人が護憲を訴えた。...(続きを読む)

  • 専大創立者が映画に

    専大創立者が映画に 文化

    震災避難者40人を招待

     専修大学創立者4人を題材にした映画「学校をつくろう」が川崎市アートセンターアルテリオ映像館(麻生区万福寺6―7―1)で20日まで上映されている。...(続きを読む)

  • 花めぐりイベント

    花めぐりイベント

    まち協が主催

     多摩区まちづくり協議会では21日(土)、第21回コミュニティサロン「季節の花めぐり」を生田緑地で開く。戦争遺跡「登戸研究所」も巡る。...(続きを読む)

  • アユの遡上がピークに

    アユの遡上がピークに 社会

     多摩川でアユの遡上がピークを迎えている。  川崎河川漁業協同組合総代の山崎充哲さんによると、昨年よりは数は少ないものの...(続きを読む)

  • 宮本 浩巨さん

    モントルー・ジャズ・フェスティバルを川崎市に誘致したプロデューサー

    宮本 浩巨さん

    宿河原在住 50歳

    音楽祭成功に人生賭ける  ○…世界有数の音楽祭「モントルー・ジャズ・フェスティバル」(MJF...(続きを読む)

  • クールビズを拡大

    川崎市

    クールビズを拡大

    電力不足に対応

     川崎市では、東日本大震災に伴う電力不足の深刻化に対応するため職員の「クールビズ」を実施した。実施は5月1日から10月31日まで。...(続きを読む)

  • 明後日15日(日)鹿島アントラーズ戦

    GO!GO!!フロンターレ

    明後日15日(日)鹿島アントラーズ戦

     サッカーJ1リーグの川崎フロンターレは明後日15日(日)、鹿島アントラーズと等々力競技場で対戦する。午後4時キックオフ。...(続きを読む)

  • 開発地巡り法制度を検証

    市民団体がバスで市内8カ所

    開発地巡り法制度を検証

     市内の住宅開発地を巡って、法制度を検証しようと、市民団体が今月22日(日)、「乱開発現地ツアー」を開く。マイクロバスを使って、川崎北部を中心とした開...(続きを読む)

  • 地下水供給設備を導入

    医療法人社団総生会

    地下水供給設備を導入

    災害時には近隣住民に飲料水提供も

     麻生総合病院・麻生リハビリ総合病院を運営する医療法人社団総生会(菅總充郎理事長/上麻生6-25-1)は今月から、両病院で地下水を利用した飲料水の供給...(続きを読む)

  • 和太鼓で被災地支援

    和太鼓で被災地支援

    未来太鼓道場のメンバーら

     和太鼓教室を展開する「未来太鼓道場」(多摩区登戸ほか/小林政高代表)が先月23日、東日本大震災の被災地を支援しようと、よみうりランド内でチャリティイ...(続きを読む)

  • 「目に見える支援を」

    「目に見える支援を」

    川崎市が独自基金創設

     川崎市が東日本大震災の被災者支援を目的とした独自の基金を創設した。原資は市民や企業、団体からの寄付金で、すでに先月20日から指定金融機関で受付を開始...(続きを読む)

  • 6ヵ月で介護のプロに

    受講料無料・再就職を支援! 生徒募集

    6ヵ月で介護のプロに

    「介護職員基礎研修」資格が取得可能

     基礎知識がゼロでも6ヵ月で介護や福祉のプロになれる講習があるのをご存知だろうか。  人材育成校「ジョイカレッジ結」(登...(続きを読む)

  • 骨伝導でよく聞こえる音声拡聴器を発表

    高津区の伊吹電子

    骨伝導でよく聞こえる音声拡聴器を発表

    市助成利用し福祉新製品

     電子機器メーカー・伊吹電子(松田正雄代表取締役)は川崎市の福祉製品創出支援事業を活用した新たな福祉製品として音声拡聴器「骨伝導クリアーボイス」を発表...(続きを読む)

  • 多重債務・生活トラブルでお困りの方へ

    すえなが事務所

    多重債務・生活トラブルでお困りの方へ

     多重債務や過払い金問題、相続・遺言相談、賃貸トラブルなど生活問題に関する法律相談なら、川崎市溝の口で20年以上事務所を構える身近な法律の専門家『すえ...(続きを読む)

  • 民家園でむかし話

    民家園でむかし話 文化

     川崎市立日本民家園で7日(土)、イベント「万華鏡のむかし話」が開かれる。  語り手は多摩区ストーリーテリング「おはなし...(続きを読む)

  • 馬場 国敏(くにとし)さん

    被災者のペットの無料預かり支援を始めた市獣医師会の会長

    馬場 国敏(くにとし)さん

    中原区在住 62歳

    獣と人間の生命の共存を  ○…川崎市獣医師会の会長。「ペットの扱いで困っている被災者はたくさ...(続きを読む)

  • 約8割が地元「好き」

    青少年意識調査

    約8割が地元「好き」

    地域活動、ボランティア活動の参加機会が課題

     川崎市の青少年意識調査で居住地への好意度が平成17年度の前回調査より3・2ポイント上がり、80・5%となった。一方で地域活動やボランティア活動への参...(続きを読む)

  • 平和館を考える集い

    平和館を考える集い

    11日、てくのかわさきで

     「平和をきずく市民のつどい」のプレ企画として講演会が11日(水)、てくのかわさき(高津区溝口)で開かれる。時間は午後7時から。要資料代500円。申し...(続きを読む)

  • 同業者に道具届ける

    同業者に道具届ける

    美容師グループが被災地に

     美容師らのボランティアグループ「PRIC」のメンバーが東日本大震災で被災した同業者を支援しようと、道具を集めて宮城県の美容師や理容師に届けた。先月に...(続きを読む)

  • 復興支援バザー

    復興支援バザー

    14日、長沢で

     メイクフレンズ多摩・麻生ショップ「風」(長沢3―8―8)で5月14日(土)、東北復興支援チャリティーバザーが開かれる。時間は午前10時30分から午後...(続きを読む)

  • 直売所の魅力をマップに

    直売所の魅力をマップに

    市民グループが地産地消を狙って

     多摩区の味覚を巡りながら楽しく知って――。市民グループのメンバーが地元の名産品の地産地消を進めようと、区内の直売所などを紹介する「多摩農MAP」を作...(続きを読む)

多摩区版の関連リンク

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク