多摩区版 掲載号:2011年6月3日号
  • googleplus
  • LINE

多摩消防署が啓発イベント 火災警報器が義務化

社会

早期の設置を呼びかけた
早期の設置を呼びかけた

 多摩消防署が先月26日、住宅用火災警報器設置義務化を目前に「住宅用火災警報器最終カウントダウンイベント」を登戸駅のペデストリアンデッキで行った。

 消防法によって、6月1日からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられた。今回のイベントは設置を促進するために実施した。

 当日は署員と多摩地区婦人消防隊が設置期限や有用性について通行人に呼びかけた。同時に、登戸駅周辺では消防車によって巡回広報が行われた。

 相談コーナーや実際の警報器の展示もなども行われ、足を止めた人が興味深く話を聞く姿も見受けられた。

 通りがかった家族連れなどからは「どこで販売しているのですか?」「簡単に設置できますか?」といった質問が寄せられた。

 6月1日以降、設置していない場合は違反となるという。同署では「罰則などはありませんが、大切な命と財産を守るため、もしまだの方はお急ぎください」としている。最近では震災の影響で警報器が品薄になってきているとしており、より早めに設置に向けての検討を呼びかけている。

多摩区は71・8%

 啓発活動を通じて行われたアンケートの結果によると、区内で警報機の設置率は71・8%と、市内平均の約70%よりも若干高い(今年2月までの調べ)。同署では「早い時期から広報活動を行い、また防火協会の呼びかけにより町内会単位での共同購入が多いためではないか」と分析している。

 実際に警報器の設置が奏功したケースも多い。多摩区内では2009年から今年5月まで、加熱中のてんぷら鍋の放置やタバコの不始末などが警報器によって早期に発見され、大事に至らずに済んだ事例が6件あるという。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

菅中、女子頂点に

多摩・麻生中1バスケ

菅中、女子頂点に

3月16日号

スポーツ体験 3千人超

大会で親睦深めて

多摩防犯協会

大会で親睦深めて

3月16日号

復興の祈り、キャンドルに

多摩LCが30周年

フランス風景画、来日

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク