多摩区版 掲載号:2011年6月10日号
  • googleplus
  • LINE

多摩市民館で先日行われた一輪車の公演「エスプレッシーヴォ」の出演者リーダー 吉澤千春さん 中野島在住 30歳

一輪車の未来を担う

 ○…「2日目は理想に近い演技ができました」。日本でもおそらく唯一の一輪車による公演「エスプレッシーヴォ」。川崎は全国でもレベルが高く、公演では各チームのエースが集った。手探りの状態からスタートした公演は今回で3回目。「舞台でのプレッシャーが出演者を育てる」。確かな手応えを感じている。

 ○…東日本大震災を受け、一時は開催が危ぶまれた。練習を再開できたのは4月中旬から。すでに公演は1ヵ月半後に迫っていた。「実際に公演が決定したのはゴールデンウィーク前後。それまでの間は可能性を信じて練習しました」。出演者リーダーとして、練習後も夜中までスケジュール調整をこなした。いずれは川崎だけではなく、他の全国の都市でも公演したいと考えている。

 ○…一輪車を始めたのは小学校2年生のとき。家の倉庫で父の一輪車を見つけたのがきっかけだ。練習は厳しかったが「一輪車を辞めたいと思ったことは一度もない」。小学5年生のときに全日本大会に出場、6年生のときには国際大会出場を果たした。「週に3回から5回は練習しないと身体がついていきません。久しぶりに乗るとその違いに気づくほど」。自身も指導や自分の練習のため、週に5日は必ず乗るという。乗り続けるためにはそれだけの情熱が必要になる。練習時間を確保するために仕事を辞めたこともあった。

 ○…鮮やかな演技で数々のタイトルを獲得してきた。憧れの舞台であるシルク・ドゥ・ソレイユでこれまでに3回演じた。最近では一輪車がブームになっている韓国へ指導に行くことも。「一輪車の世界は、競技人口が少ないこともあり、まだまだ発展していく余地があります」。最近では海外で自分をためしてみたいという気持ちが強くなっている。「たとえ成功できなくても、後悔することはないはずです」。一輪車が描く軌跡と自分の将来が重なる未来を信じている。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

縄 浩太郎さん

JR登戸駅長に先月着任した

縄 浩太郎さん

3月16日号

関山 弘志さん

「川崎多摩盆栽会」の会長として後進育成に努める

関山 弘志さん

3月9日号

上谷 光彦さん

日本洗車技術指導協会の代表で、多摩区で高齢者雇用の取り組みを始めた

上谷 光彦さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク