多摩区版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

川崎新田ジムと多摩署が協定 ロードワーク兼ねた防犯パトロール

協定書を手にする菅原署長(左)と新田会長(右2番目)
協定書を手にする菅原署長(左)と新田会長(右2番目)

 多摩警察署(菅原保署長)と川崎新田ボクシングジム(新田渉世会長)が14日、不審者などの情報提供に関する協定を締結した。

 同ジム所属の選手や練習生が防犯パトロールのロゴ入りビブス(ベスト)を着用し、ロードワークを兼ねた防犯パトロールを昨年8月から実施している。警察署とボクシングジムが協定を結ぶのは全国的にも珍しいという。今回の協定によって情報提供できる仕組みが正式に確立した。

 菅原署長は「相互に連携をはかりながら手を携えて努めたい。継続してもらいたい」と話した。

 実際にトレーニング中に不審者を発見したことはまだないという。昨年に比べても犯罪件数は4・4%減少していることから、「抑止力にはなっていると思う。積み重ねが大事なので、これからも続けて行きたい」と新田会長。「選手も社会貢献しているという意識がある。選手のモチベーションも上がる」とも話した。

 日本ライトフライ級王者の黒田雅之選手は「ビブスを着けてロードワークをして、多摩区から防犯パトロールを盛り上げていきたい」と意欲を見せていた。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク