多摩区版 掲載号:2011年7月1日号
  • googleplus
  • LINE

思い込め「たまくらぶ」 若手経営者の交流会発足に タウン誌の発行めざす

「登戸を盛り上げたい」井野さん(左)と原田さん(右)
「登戸を盛り上げたい」井野さん(左)と原田さん(右)

 若手経営者の視点で多摩区に新しいムーブメントを――。登戸駅や向ヶ丘遊園駅周辺の飲食店経営者らが集まり、地域活性化を図ろうと企画を練っている。仕掛けの第一弾として、地元の魅力ある店舗を紹介するタウン誌の発行をめざすという。

 「若い世代の自分たちが地域を越えてまとめていく役割になりたい。商売をしている人と住民が触れ合って楽しく賑わう地域になるといい」。そう話すのは登戸で飲食店を経営する畠中裕一さん(46)と井野大輔さん(40)、原田健さん(40)。

 3人を含めた飲食店経営者5人が中心となって発足したのが『たまくらぶ』。メンバーの思い「多摩区ラブ」になぞらえて命名したという。知り合いの経営者に呼びかけて5月24日に初めて開いた会合には約20人が集まった。レストランやバーなどの飲食店を経営する30代、40代が中心。「街中ではすれ違ってはいたが、お互いに初めて挨拶をした人が多かった。横のつながりを持ちたいと考えていた人が集まった」と原田さんは話す。

 6月21日にも会合が開かれ、経営者同士の交流を深めた。飲食店以外の業種にも広がり、還暦を迎えるメンバーもいるという。

 メンバーらは地域活性化を図るイベントの開催に先駆けて、地元の魅力ある店舗を紹介するタウン誌2万部を今月中に発行する計画。井野さんは「大手と違って個人店はなかなか宣伝するのが難しい。地域を挙げて盛り上がる仕組みや環境を作ることが大切」と話す。

 タウン誌の発行を足掛かりに、今後は地域住民が参加できる大規模なイベントの開催をめざすという。畠中さんは「地域や商店街を越えても多摩区は一つ。若い世代が旗振り役になって新しい動きの取っ掛かりをつくりたい」と話している。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

生田緑地 動画で集客へ

人種差別条例に刑事罰を

市民団体

人種差別条例に刑事罰を

3月9日号

のらぼう菜 栽培普及へ

明大農学部

のらぼう菜 栽培普及へ

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

登戸駅に北口改札

小田急電鉄

登戸駅に北口改札

3月2日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク