多摩区版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

11月3日に行われたエアマスター後楽園(36歳〜49歳の部)で優勝した 小川貴史(たかふみ)さん 生田在住 川崎新田ジム所属 39歳

努力は裏切らない

 ○…「嬉しいというより、ホッとした。ようやく結果が出せた」。今月3日に後楽園ホールで開かれたエアボクシングの大会で頂点に立った。この競技は相手にパンチを当てずに攻防技術を競い合う。試合は1ラウンド1分30秒、2ラウンド制。リングを使って1対1で向き合って対戦する。勝敗の鍵を握るのはスピードに加え、スタミナだ。この日は4試合戦った。絶えず足を使って動いて、頭も上下に動かし続けた。

 ○…「スタミナには自信がある」。とにかく体を動かすのが好きだ。中学生、高校生の時は野球に打ち込んできた。大学に入ると一転、「天候に左右されずいつでも体を動かしたい」と体育会系のバドミントン部に入部。社会人になってからは山岳マラソンにも挑戦した。33歳の時、もともと見ることが好きだったボクシングのジムが近所にあること知り、一念発起して通い始めた。「やりだすとどうしてものめり込んでしまうから」と笑顔をのぞかせた。

 ○…「努力は裏切らない」。こんな言葉を大切している。3年前、自転車に乗っていてバイクとの衝突事故に巻き込まれた。一時は生死の境をさまようほどの大けが。首や足を骨折し、3回もの手術を受けた。「ジムの仲間が見舞いに来てくれて、元の体に戻りたいという気持ちが強くなった」。厳しいリハビリを乗り越え、激しい運動ができるまでに回復した。

 ○…普段の顔は半導体関係の企業に勤めるサラリーマン。妻との2人暮らし。毎週5回、会社帰りにジムに寄っては必ず2時間練習に打ち込む。休みの日には録画した名勝負を観るのが楽しみというほどのボクシング漬けの生活だ。「妻はもうあきらめている様子。無関心になっている」。今回の賞状とベルトはタンスの上に目立たないようにそっと置いているという。果たして妻の関心は向けられるのか。「今回の結果をきっかけにあと2、3回は優勝したい」
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

縄 浩太郎さん

JR登戸駅長に先月着任した

縄 浩太郎さん

3月16日号

関山 弘志さん

「川崎多摩盆栽会」の会長として後進育成に努める

関山 弘志さん

3月9日号

上谷 光彦さん

日本洗車技術指導協会の代表で、多摩区で高齢者雇用の取り組みを始めた

上谷 光彦さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク