多摩区版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

川崎いのちの電話 市民の心を救って25年 自殺志向相談は年々増加傾向

この日も相談員は熱心に耳を傾けていた
この日も相談員は熱心に耳を傾けていた

 電話を通して市民の悩みを聞き、心の支えになろうと活動する『社会福祉法人川崎いのちの電話(近藤俊朗理事長)』が設立25周年を迎えた。相談件数は1日平均約40件。電話相談員は、365日24時間体制で対応している。

 川崎いのちの電話(相談専用電話【電話】044・733・4343)が設置されたのは1986年。以来、自殺予防を主とし活動を続けてきた。昨年2011年に受けた実際の相談件数は1万4286件。1日平均で約40件となる。相談時間は1件20分程度を想定しているが、実際には2時間を超える場合もあるなど3回線の電話は常に埋まっている状態だ。「相談室で電話のベルが途切れるのは明け方近くの一瞬だけ」と同事務局では話す。

 相談内容は、将来の不安や病気、対人・家族関係など様々。年代別で見ると現役世代の40代・30代が多い。自殺までを訴える相談は全体の約10%(1428件)を占め、2001年の2・6%から年々増加。傾向として男性より女性の方が多いという。

 他にも、ひきこもりなど心に不安を抱える人や社会に適応できない人などが「唯一自分の気持ちを打ち明けられる場所」として日常的な会話を求めてくるケースもあり、その人にとってはまさに”心の居場所”だ。

 こうした相談に対応するのが、ボランティアの《電話相談員》。電話には匿名で臨み、基本姿勢は”聞き役に回ること”。「相談者の気持ちに寄り添い、共に考え、答えや進むべき道を見つけるきっかけを導きだす事に重点を置いている」という。

課題は相談員の不足

 現在、電話相談員として在籍するのは主婦や会社員ら214人。一人月2回・1回3〜5時間を担当しているが、課題となっているのは相談員の不足だ。登録されるには約1年半の研修が必要で、その研修費用も自己負担であることから断念する人も多いという。現状は、かろうじて24時間体制を維持しているものの、人員が足りず回線を減らし対応することも。同事務局では「定年後に何か社会の役に立ちたいと考えている方や主婦の方など、ぜひご協力頂きたい」と呼びかけている。現在、来年度の募集を受け付けており、対象は23歳から65歳まで(2月6日(月)締切)。また電話相談員の他に、イベント時などの企画・広報・製作のボランティアや活動資金援助者も募っている。

 (問)同事務局(【電話】044・722・7121)まで。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク