多摩区版 掲載号:2012年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

放射性物質対策費 市が東電に賠償請求 一部として2億2600万円

 川崎市は今月1日、東京電力に対して福島第一原発などの事故による放射性物質の対策にかかった費用約2億2600万円の賠償を求めた。賠償請求額は一部で、対策に要した費用全額を求める方針も東京電力に伝えた。

「税金投入は納得できない」

 今回、賠償を求めたのは昨年3月11日から11月末までに水道・工業用水道・下水道事業にかかった費用分。放射性物質の測定費用や放射性物質が検出された下水汚泥焼却灰の保管費用などが含まれる。ただ、原発事故の影響とするべきか判断の難しい人件費は今回の請求には含まれていない。

 川崎市によると、賠償額算出の基準を国や東京電力が示しておらず、今回の請求が全額認められるかどうかは分からないとして今後、東京電力側と協議していくとしている。

 市では今回の賠償請求と併せて文書でも「市民の税金を投入することは到底納得できるものではない」とし、今後改めて水道事業以外の分野でも対策に要した費用全額を請求していく考えを東京電力に示している。市の見込みでは今年度末までに全体で11億円を超えるとしている。

 賠償について東京電力は昨年12月1日から、自治体などの下水道事業者の請求を受け付け始めている。東京電力によると、2月6日時点で川崎市を含めて190の水道事業者からの賠償請求が寄せられているという。

 東京電力は「損害内容を確認した上で基準を策定する」としており、12月1日受付のものは2月中に賠償基準を策定し、3月中の支払いをめざすという。2月1日受付分の支払い時期は未定としている。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク