多摩区版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

川崎フロンターレの中心選手の一人として活躍する 田坂 祐介さん 川崎市内在住 27歳

代表入りへの視界も良好

 ○…川崎フロンターレの背番号「6」は、中心選手として成長している。昨シーズンは25試合に出場。持ち味のドリブルと豊富な運動量でチームの攻撃陣を牽引した。本職は右サイドハーフだが、ボランチや右サイドバックをこなすユーティリティプレーヤー。サポーターからは日本代表入りを待ちわびる声も聞こえてくる中、「今年はケガのない良いスタートを切れた。年間を通していいプレーをすれば近づく。(代表は)リアルな目標」ときっぱり。

 ○…昨シーズン、チームは優勝候補の一角を占めながらも、ケガ人が相次ぎ、リーグ戦中盤に泥沼の8連敗を喫した。一時はJ2降格の危機すら伝えられるなど、苦境にあえいだ。「理想の戦い方を追い求めながらも、結果が出せない難しさ、歯がゆさを感じた一年だった」。そう振り返る一方「みんなが同じベクトル(方向)を向いてサッカーをすることが一番力を発揮できる。それに気づいたのが収穫だった」とも。今シーズン、巻き返しを図る上でのキーワードは「一体感」と力をこめる。

 ○…小学校時代からの趣味であるルアーフィッシングは、息抜きの一つ。練習場の麻生グラウンドからほど近いフィッシングセンターにはチームメイトとしばしば足を運び、釣り糸を垂れる。今年のシーズンオフにも海釣りを含め、釣りを楽しんだようだ。魚がかかったときの引きが釣りの醍醐味。加えて魚を釣るポイントを考えること自体「楽しくて仕方がない」と、目を輝かせる。

 ○…先月24日、川崎大師平間寺(川崎区)での必勝祈願を終え、ブレーメン通り、オズ通りの商店街(いずれも中原区)であいさつ回りを行った。「今年は頼むよ」。サポーターや商店主からそう声をかけられた。毎年寄せられる激励の声だが、今年は心なし、勝利を懇願するように聞こえた。「応援してくれる人たちを笑顔にしなければ」と力強く語った。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク