多摩区版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

生田浄水場 跡地に広場計画 川崎市が方針を発表

再構築計画の工事が進む生田浄水場(21日)
再構築計画の工事が進む生田浄水場(21日)

 川崎市は13日、2015年で廃止となる生田浄水場の跡地利用に関する基本方針(案)を発表した。浄水場には親水広場やスポーツ広場を整備し、隣接する配水池上部には太陽光発電システムを設置する方針を打ち出した。

 計画の対象となるのは、生田1丁目の浄水場の一部約4万7500平方mと生田5丁目の配水池上部1万8500平方m。工業用水道事業の施設は残す。

 浄水場用地には親水広場・開放広場とスポーツ広場、災害時の一時避難場所を整備する。2017年度以降に着工する計画。配水池上部は太陽光発電システムを設置し、周辺の緑地を回遊する散策ルートを整備する検討もある。16年度に着工するとしている。

 生田浄水場の廃止計画は、川崎市が06年に発表した水道事業の再構築計画で方針を打ち出した。水需要の減少に伴い、市全体の給水能力を縮小させるのが目的で、長沢浄水場に機能を集約させる計画。

 一方、生田浄水場の水源は周辺の地下水をさく井から取水しているため、市民団体が「近くのきれいな水源をなくして、遠くの水にしか頼れない都市でいいのか」と市議会に廃止の見直しを求める請願を提出した経緯がある。

 市は今回の基本方針について「地方公営企業としての収益性の確保を前提とした上で、当該用地が市民共通の貴重な資源・財産であり、行政需要等を踏まえ、地域のまちづくりの視点から取り組む」としている。

 川崎市では市民からの意見を受け付けるパブリックコメントを3月21日まで実施する。基本方針(案)は市のホームページや各区役所の市政資料コーナーで閲覧できる。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク