多摩区版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

「聴覚障害を理解して」 社協がセミナー

社会

手話を使って自己紹介する参加者ら
手話を使って自己紹介する参加者ら

 聴覚障害への理解を深めてもらおうと、多摩区社会福祉協議会が20日、セミナー「聴覚障害について知ろう!」を登戸のJAセレサ川崎稲田支店で開いた。手話を用いた寸劇や懇談会があり、約50人が集まった。

 多摩区内で活動する手話サークルやまびこのメンバーらが講師や寸劇の出演者として参加した。寸劇では耳が聞こえないために誤解が生じるケースを紹介。自転車が後ろから近づいても気がつきにくいことや、声をかけられても気づかないケースなど事例を挙げて伝えた。

 同サークルのメンバーらは「外見からでは聴覚障害であることを見分けるのは難しい。『もしかしたら聞こえないかも』と思って接してもらえれば」と訴えた。メンバーのひとりは「東日本大震災が発生したときも放送が聞こえず、何が起こったのかわからず不安だった。家に帰ってから状況がわかった」と話した。

 後半はグループに分かれ、聴覚障害の人と懇談会が行われた。日常の過ごし方に関する質問があり、失敗談をユーモアを交えて紹介する場面もあった。参加者は理解を深めながら、交流を楽しんでいた。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク