多摩区版 掲載号:2012年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

原発セミナーに市民が聴講 多摩市民館で

放射能汚染の危険性を訴えた
放射能汚染の危険性を訴えた

 川崎市教育委員会が主催する連続講座「震災と原発を経て私たちが学ぶべきこと」の5回目の講座が2月25日、多摩市民館で行われ、約30人が参加した。

 「子どもたちを放射能から守るためには」と題し、八王子中央診療所の山田真理事長が講演を行った。「内部被ばくに関する研究が少ないのに”絶対安全”と言い切れるはずがない」「震災から1年も経つのに福島で疫学調査をしていない。あえて調査しないことで安全性をアピールしようとしている」など、政府が安全性ばかりを強調していることを批判した。講演終了後にも様々な質問が参加者から寄せられ、関心の高さをうかがわせた。

 参加者した女性のひとりは「『やっぱりな』という思い。安全じゃないからこそ安全と強調しているのでは」と話した。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク