多摩区版 掲載号:2012年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

市民団体の代表で、区内で障害者とのバリアフリーなダンスに取り組む 紙屋 未央さん 枡形在住 40歳

障害者との垣根なくしたい

 ○…健常者と障害者が1ヵ月に1度集まり、バリアフリーなダンスを楽しむ市民団体「ダンス・デ・コミュニケーションたまたまなかま」の活動を始めて11年。市民館の事業として開始したが、「市内でも珍しい活動だったみたいで他の区からも参加者が大勢来た。需要の高まりを感じ、独立して継続する決意をした」。現在は1年間に知的障害者と身体障害者150人が参加するほどに活動の規模が膨らんだ。

 ○…初めて障害者と接したときは悩みが尽きなかった。「何かしてあげたい気持ちもあったが、どう接していいか分からなかった。触ったら痛いんじゃないかとか、冗談を言っていいのかとか」。バリアフリーなダンスの活動を通じて接していくうちにぐんぐん距離が縮まっていった。「いらない遠慮も重すぎる心配も彼らは必要としていないんですよね。本当にみんな普通なんですよ」

 ○…「障害者も健常者も同じスタンスに立つ」のがモットー。「障害者だから、という理由で写真を避ける理由は何もない。障害の中で、体を動かし表現する美しさを見てもらいたい」という思いからインターネットでありのままを公開する。「むしろ写りたがる人が多いかも」。参加者は30代から40代が中心。高校を卒業して作業所などで仕事をするようになると、ひきこもりになりがちになるケースもあるという。「社交の場として活用してほしい。ダンスを通して社会に溶け込んでいってほしい」と願う。

 ○…普段は保育園の職員として、子どもたちの成長を見守る。「泣くのを我慢したりして子どもが自力で伸びていく場面を見られるのが嬉しいですね」とにっこり。子どもたちに『先生をお嫁さんにしてあげる』と言われるのには「照れます」と一言。「集団の中で成長していくのは子どもも障害者も一緒。子どもたちが障害者と遊ぶのが当たり前になるような土台を作りたい」と意欲を燃やす。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク