多摩区版 掲載号:2012年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

柔らかい表現並ぶ 色鉛筆の展覧会

色々な作風が並んだ
色々な作風が並んだ

 多摩市民館で活動するゆりの会(塩田健治代表)が3月14日まで、同館ギャラリーで「色エンピツ画展」を開催した。毎年3月に行っており、今回で19回目を数える。

 展示されたのは、果物や人物など様々な題材が色鉛筆で描かれた作品37点。柔らかな印象の作品が並んだ。同じ系統で少しずつ違う色を重ねていくことで陰影などを表現し、立体感のある作品に仕上げている。

 塩田代表は「絵の具と違って混ぜ合わせることができないので重ね塗りになる。同じ緑でも深い色から淡い色まで様々な緑があるので、長年続けると色鉛筆の種類が増えていく。ベテランだと100本くらいもっている」と話す。

 同会は第2、第4火曜日に多摩市民館で活動。問合せは塩田さん(【電話】044・932・0295)まで。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク