多摩区版 掲載号:2012年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

菅町会 ワカメ購入で被災地支援 義援金300万円も

被災地に義援金を届けた町会メンバーと現地の関係者
被災地に義援金を届けた町会メンバーと現地の関係者

 東日本大震災から1年となる今月に入ってから、菅町会(原島小賀子会長)の地区委員約800人に南三陸産のワカメが配られている。特産品を購入して被災地を支援しようという試みだ。「結構いいワカメが届いた」と好評のようだ。

 菅町会では毎年、町会活動に貢献した地区委員に報酬の品を進呈しているという。被災地支援の一環として南三陸産のワカメ50万円分を購入したという。

 菅町会はこれまでにも地域を挙げて被災地支援に取り組んできた経緯がある。町会全体の約9500世帯に回覧板をまわし寄付を募り、291万円余りが集まった。中には一人で50万円を寄付した人もいたという。町会の一般会計9万円とあわせた300万円の義援金を昨年11月、直接被災地まで届けた(仙台市に30万円、同市立荒浜小学校に100万円、宮城復興支援センターに170万円)。

 こうした支援は、菅小学校の渡辺雅弘校長が知人の東宮城野小学校の校長から被災地の厳しい現状を聞いたのがきっかけ。その話が菅町会に伝わり義援金の呼びかけに繋がったという。

 原島会長は「被災しているところになかなかお金が届かない現実がある中、直接お金を届けたことが喜んでもらえた」と話していた。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

今季初戦はセレッソに黒星

川崎フロンターレ

今季初戦はセレッソに黒星

2月16日号

梅咲き誇る園内に招待

よみうりランド

梅咲き誇る園内に招待

2月16日号

南極と菅小 映像つなぐ

中野島小から2人受賞

かながわ夢絵コンテスト

中野島小から2人受賞

2月16日号

110人にバドミントン指導

失敗恐れず挑戦を

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク