多摩区版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

もうすぐ入館100万人 岡本太郎美術館

 川崎市岡本太郎美術館(枡形7の1の5)の入館者がもうすぐ100万人を迎える。同館では今月下旬に100万人目を迎えると見込んでおり、記念イベントを企画している。

 同館は99年10月に開館した。常設展では岡本太郎作品のほか、漫画家の父親一平氏や小説家の母親かの子氏の作品も展示。企画展では岡本太郎の精神を引き継ぐ若手や関連作家の作品の展示など独自の企画で話題を集め、着実に集客数を伸ばしてきた。

 同館では記念イベントの一環として今月31日まで毎日、先着200人に記念メモ帳を配布。常設展と企画展の観覧料を2割引にするサービスも実施している。川崎市菓子協議会多摩麻生支部が手がける名菓「TAROの夢もなか」など記念品もプレゼントしている。

 併設するカフェテリアTAROやミュージアムショップでも先着順で記念品がプレゼントされる。

 問合せは同館(【電話】044・900・9898)まで。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク