多摩区版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

被災した主婦812人の体験談をまとめた子連れ防災手帖を出版したMAMA―PLUG代表 ロー 紀子さん 登戸在住

主婦の活躍の場ひろげたい

 ○…川崎市を中心に活動する子育て支援組織「MAMA-PLUG」の代表。今月、東日本大震災の支援活動などで出会った被災した主婦812人の体験談をまとめた『子連れ防災手帖』を出版した。幼い子どもを抱えての避難術や避難所生活の苦労話など実体験でしかわからない貴重な声がつづられている。「被災したママたちのリアルな話だからこそ、家族や友人を災害から守るためのエッセンスが詰まっている」

 ○…2009年に同グループを設立。被災した女性たちが手作りした『トートバッグ』や子どもも安心して使える『お弁当箱』、偏食を改善させる『レシピ本』など女性ならではのアイデアを活かし様々な商品を生み出している。夢は、子育て女性が働きやすい社会づくり。「小さな子どもがいてもキャリアの妨げにならない。色々な人たちと繋がることでその可能性を広げたい」と目を輝かせる。

 ○…大分市生まれ。野山をかける活発な少女だった。中学では吹奏楽に夢中になり、「音楽は瞬間的な芸術と言われるけど、ハーモニーがはまった時の感動は一生心にのこっています」と話す。20代には内閣府主催の世界青年交流事業である世界青年の船に参加。12ヵ国の青年たちと生活を共にし、異文化に触れた。その後、香港で日本語紙の記者として「異国の地にきた日本人がどうしたら楽しめるか」と精を出した。

 ○…香港で出会った夫と4歳になる娘の愛琳ちゃんの3人家族。夫は海外出張が多くスカイプで愛娘と連絡を取ることが楽しみだといい、「最近は娘が出ず、後姿しか映せない時があって少し可哀想」と苦笑い。そんな娘は最近ビジネスデビュー。出版した本のモデルや子どもらしい企画でママをサポートしている。「企画書がないと思ったら、娘がおもちゃ箱に入れて保管していた。一緒に働いているつもりなんでしょうね。怒るに怒れないですよね」と子育てと両立する日々だ。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク