多摩区版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

市民が日頃の成果を披露 たま学びのフェア盛大に

(上)バリダンスの発表(下)折り紙を折る参加者ら
(上)バリダンスの発表(下)折り紙を折る参加者ら

 多摩市民館で17日と18日、趣味や生涯学習の市民グループの祭典「たま学びのフェア2012」が開催された。主催は同フェア実行委員会(古閑道也委員長)。

 1階アトリウムでは専修大学のアカペラサークルがハーモニーを響かせ、明治大学オーケストラがジブリメドレーなどを披露した。大ホールでは吟詠発表会やバリダンス、演劇「喜劇吸血鬼ドラキュラー」などが催され、各会議室では体験会や展示会が開かれた。

 作品を展示し、講習会を開いたおりづるの会の小澤章子会長は「昨年は震災の影響でできなかったので今年はみんな張り切った。オリジナル作品ばかりで中には2ヵ月かかって完成させた作品もある。そのぶん喜びもひとしおです」と話していた。

 同フェア実行委員長の古閑道也さんは「昨年の分まで展示に力が入っていて、いいフェアになった。高校生や大学生の若い力も大きかった。来年はもっとお客さんを呼びたい」と話した。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク