多摩区版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

専修大学ワンセグ 節目迎え 公開生放送 FM局との連携も

学生が収録を手がける
学生が収録を手がける

 専修大学が地上デジタルテレビ放送の一種のワンセグ放送を始めてから2クール(半年)。その節目としてあす3月31日(土)、川崎地下街アゼリアでFM局との公開生放送を開く。ワンセグとFMのそれぞれの特徴を生かした情報配信のあり方にも可能性がみえてきそうだ。

 ワンセグ放送は専修大学ネットワーク情報学部の福冨忠和教授のゼミが昨年4月に総務省の特区制度の決定を受け、昨年9月から番組配信を開始した。福冨・藤原両研究室が「キャンパスライブ」と題して学生の生活や地域の話題を配信。昨年8月に多摩川河川敷で実施された総合防災訓練では中継局を設置し、災害時のワンセグ放送の可能性を探った。

 福冨教授は「取材や番組づくりに関わる学生が地域の人と関係を持つことでいろいろな動きが生まれている」と話す。

ワンセグに可能性

 ただ、アンテナが設置されているのは専修大学と日本女子大学のみで視聴できるエリアは限定的。ワンセグ番組の一部はかわさきFMの協力を得てラジオ放送として全市に配信している。

 一方、ラジオ局にとってワンセグの特徴は魅力だ。かわさきFMの担当者は「丘陵地ではラジオの電波が届きにくい地帯もある。ワンセグであればカバーできる。放送局としても今後、ワンセグの可能性に期待している」と話す。

アゼリアで公開放送

 今回のイベントはかわさきFMとの公開生放送。これまでの取り組みを振り返るトークショーや人気声優の桃井はるこさんのライブ(午後1時から整理券配布予定)などがある。会場は川崎地下街アゼリア・スタジオアゼリア前。午後2時30分開場、3時開演。ラジオ放送はかわさきFM(79・1メガヘルツ)で聴取でき、ワンセグ放送は専修大学生田キャンパス周辺と日本女子大学西生田キャンパス周辺で視聴できる。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク