多摩区版 掲載号:2012年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

菅高校 大学生が受験勉強を指南 意識に変化、進学率アップ

 現役大学生が高校の授業で大学受験に必要な考える力を指南――。こんな一風変わった取り組みが県立菅高校で行われている。スタートしてから3年目を迎え、徐々に成果も挙がってきた。「生徒の意識に変化が出てきた」と教職員も手応えを感じているようだ。

 この取り組みは「SP」(すげパワー)と題し、大学受験をめざす特進クラスを対象に通常授業とは違う独自のカリキュラムで実施している。「学力の面で成果をあげたい」「生徒に本当に必要な力をつける授業をしたい」という教職員らが中心となって企画した。進学塾にかかる家庭の経済的負担の軽減も目的のひとつという。

 この授業のサポート役として教壇に立つのは、教職免許の取得をめざす大学生。授業は大学生を中心に高校生同士が向き合うのが基本。話し合いながら、解答を導くための「思考力」をつけるのが狙いという。

 今月23日に1年生の英語の授業をサポートした明治大学農学部3年の塩屋薫さんは「答えを与えずにヒントだけを教える。高校生たちが自分で考えて理解する力をつけることが必要」と話す。

 SPが始まってから特進クラスの進学率は上昇し、中には有名私立大学に現役で合格する生徒も出てきたという。

 SP担当の水野勝美教諭は「受験に必要なのはその場で考える力。年齢が近い大学生たちが気軽にヒントを出してくれることでいい刺激になっている。すぐに変化があるわけではないが、生徒の意識にも変化がでているのだと思う」と話している。

 SPのサポートができる大学生も募集しているという。問合せは菅高校(【電話】044・944・4141)まで。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク