多摩区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

金環日食 観察は正しく安全に 科学館で講演

文化

多くの聴講者が集まり、関心の高さを見せた
多くの聴講者が集まり、関心の高さを見せた

 かわさき宙(そら)と緑の科学館で12日、今月21日の金環日食を楽しむための講演会が開かれ、専門家が正しい観察法を指導した。

 講演会は『5月21日朝、川崎市民がみんなで金環日食を楽しむために』と題して国立天文台天文情報センター普及室長の縣(あがた)秀彦さんが講師を務めた。縣さんは「8300万人の人が金環日食の見られる地域に住んでいる。多くの人と奇跡的な瞬間を共有することができる。きっとすごく感動するはず。楽しみにしてほしい」と観察を呼びかけた。

 ただ、観察する際の危険性も指摘した。「一瞬であっても太陽を直接見ることは危険。過去にも日食を観察して目に障害の残った事例が報告されている」とした上で観察用の遮光板を必ず使用することを訴えた。「ほとんどのものは問題ないが、市販されているものの中には基準を満たしていないものもある。簡単な見分け方として太陽を見てまぶしかったら注意してほしい」とした。遮光板を使っていても望遠鏡を併用することは危険という。

 早朝で太陽の位置が低く、開けた場所でないと見えにくいため、「ついつい道路の真ん中に出て観察しないように」とも呼びかけた。運転中のドライバーが日食に気を取られる危険性も指摘した。

 日食開始は科学館付近で6時18分56秒(金環日食は7時31分50秒〜)、市役所付近では同49秒(金環日食は同47秒〜)と予想されている。太陽はほぼ真東から昇り、天気が良ければ5分弱の間、光のリングが楽しめるという。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

今季初戦はセレッソに黒星

川崎フロンターレ

今季初戦はセレッソに黒星

2月16日号

梅咲き誇る園内に招待

よみうりランド

梅咲き誇る園内に招待

2月16日号

南極と菅小 映像つなぐ

中野島小から2人受賞

かながわ夢絵コンテスト

中野島小から2人受賞

2月16日号

110人にバドミントン指導

失敗恐れず挑戦を

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク