多摩区版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

中小企業に厳しい景況感 市産業振興財団の調査

 川崎市産業振興財団はこのほど、市内の中堅中小企業の経営実態をまとめた調査レポートを発表した。依然として厳しい景況感を抱いていることがわかった。

 調査は今年2月に市内の製造業、製造業関連の中堅中小企業2165社を対象に実施。476社から有効回答を得た。回答を得た企業の多くは、京浜臨海地区を支え、現在は円高や大手企業の海外シフト、後継者不足に直面している企業という。

 1年後の受注状況を問う景況感について、「減少」「緩やかに減少」と回答したのは40・1%で現状よりも7・1ポイント減少。「増加」「緩やかに増加」と回答した企業は2割程度に留まり、依然として厳しい景況感を抱いているとした。

 今後の事業方針については「拡大を図る」が25・0%、「現状維持を図る」が60・9%、「縮小・撤退を図る」が12・2%だった。厳しい経営環境により縮小・撤退を余儀なくされる企業事情が想定されると分析した。

 受注拡大のための強化策は、「コストダウンのための技術力・生産管理能力の向上」(41・0%)、「技術・ノウハウの開発や強化」(40・5%)、「営業・販売力の強化」(38・9%)、「顧客・取引先からの情報収集」(35・1%)などが上位にあがった。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク