多摩区版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

コスモス開花を楽しみに 市民団体が種まき

文化

 菅住宅管理組合理事の有志で構成する「菜の花咲かせる会」(藤野昭夫会長)が19日、稲田公園の一角にコスモスの種をまいた。晴天に恵まれて強い日差しが照りつける中、メンバーや子どもたち13人が作業に汗を流した。

 同会では毎年、菜の花とコスモスの種を交互にまき、今年で8回目。この日はメンバーが土に肥料を入れて耕し、種をまいた。

 藤野会長は「近くに住む私たちにとって、稲田公園は散歩や子どもの遊びで利用することが多い場所。2ヵ月後には色とりどりのコスモスの姿を見ることができるはず。ぜひ多くの人に見てもらえれば」と話した。

 コスモスは園内のプール付近で7月中旬頃から咲き始め、9月まで楽しめるという。
 

日差しが照りつける中、耕うん機を使って種まきの準備を進めるメンバー
日差しが照りつける中、耕うん機を使って種まきの準備を進めるメンバー

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク