多摩区版 掲載号:2012年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

新たな都市農業の形に 飲食店と農場がイベント

農場で地産地消のフレンチを楽しむ来場者
農場で地産地消のフレンチを楽しむ来場者

 畑で採れた野菜をその場で食べて地産地消を体感してもらおうと先月27日、登戸のレストラン「ビストロカプリシュー」と宮前区の小泉農園が共同で「農場フェスティバル」を同農場で開催した。身近な農園でフランス料理とイチゴ狩り、音楽ライブを楽しめるとあって約210人の来場者が訪れた。

 同店では地元の野菜を提供しようと小泉農園から野菜を仕入れている。シェフの菊池猛さんが「どういう場所で採れた野菜かを知ってもらい、地野菜を食べることで地域を好きになってもらいたい」と考えたのが今回のきっかけという。

 参加した人たちは、採れたての野菜をふんだんに使ったケックサレや豚のシュークルートなどを求めて長蛇の列を作っていた。子どもたちはイチゴ狩りに夢中になっていた様子だった。食事とともに音楽も楽しんでもらおうと琉球創作太鼓グループによるライブもあった。

 小泉農園の小泉正博さんは「若い人たちがこんなにたくさん来るなんて驚いている。都市農業の生き方についても考えるいい機会になった。時代の流れに沿った農業をすることも必要」と話していた。

 菊池さんは「目に見える形で農業に触れてもらえてよかった。これからも続けていきたい。地域のみなさんに地産地消の素晴らしさを実感してもらいたい」と話していた。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク