多摩区版 掲載号:2012年8月17日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 消防団こそ災害時の地域力 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

 8月5日に明治大学で、多摩消防団の各班が技術を競い合う操法大会が行われました。各消防団員が日ごろの訓練の成果を発揮することで、大いに結束力も高まったことかと思います。結果は稲田分団宿河原・堰班が優勝しました。

 多摩消防団は川崎市が政令指定都市になった1972年からスタートし、稲田と生田の2分団で構成されています。その中に地域ごとの「班」があります。総数は159人(今年2月1日現在)です。消防団の活動は、自衛のために「自分たちのまちは自分たちで守る」という、江戸時代の火消しから続く精神です。

 私自身も消防団のOBですが、多くの人に消防団に参加してもらえればと思います。横のつながりとして人脈ができるというメリットもあります。消防団員の身分は非常勤の特別職地方公務員となり、年額報酬や退職報償金、出動手当てがあります。条件としては、18歳以上でその地域で暮らしている、もしくは勤めていることが条件となります。市では1996年から女性消防団員を採用しています。特に川崎の南部では女性消防団員も増えています。

 東日本大震災を受け、市では今年度、全消防団員に対して無線機の貸与を行いました。

 多摩消防団では昨年11月から市内でも初となる機動部隊を設置しています。団員が所有し、普段は仕事で使用している重機を災害時に活用することで、障害物の除去などを目的としたものです。消防署では重機を持っていないので、災害時には大きな役割が期待されます。こういった隊の創設が可能だったのは、団員の共助の意識の高さがあればこそかと思います。
 

ひろた健一

TEL:044-200-3357

http://www.k-hirota.jp/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク