多摩区版 掲載号:2012年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

かわさき産業親善大使を務める 神崎 順さん 麻生区在住 

「川崎を芸術と愛の街に」

 ○…夢のように華やかなレビューの世界にあこがれ、大学を卒業後すぐに学生を中心とする劇団をたちあげた。初演の舞台は麻生市民館。初日の幕が開く瞬間に感じた高揚は今でも忘れない。脚本から振付、演出や衣装まで全てを一人でこなし、ステージを「神崎ワールド」一色に染め上げる。今年は市にゆかりのある有名人らが任命される「かわさき産業親善大使」を務め、舞台を通して全市に夢と希望を届けようと奮闘する。

 ○…東京都世田谷区生まれ。幼少の頃は毛布を衣装に見立て、親族の集まる場でよく歌って踊った。3歳から日本舞踊を習い、表現の基礎を学んだ。16歳の時に多摩区に移住。「川崎は多くの時間を過ごした街。いつかレビューで恩返しをしたい」。桐朋短大で演劇を学び、22歳で劇団「スターダストパフォーマンス」を立ち上げた。かつての日劇や、宝塚に代表される「レビュー」の世界に魅せられ、多くの作品を世に送り出してきた。

 ○…舞台や稽古のない日は旅行に行き、羽を伸ばす。「回遊魚のように、動き回っていないと駄目な性格。自宅でゆっくり過ごす日はあまりない」。旅先では舞台での緊張感から解放され束の間の休息を楽しむが、気づけばブロードウェイの華やかなステージを前に、早く演じたいと疼いている自分に気づく。「旅行であっても、何かを感じ取って帰りたい。華やかなものだけではなく、できるだけ多様な世界に触れたい」

 ○…今後の目標は、自分が生まれ育った川崎で、著名人を集めたステージを成功させること。「自分が産業観光大使を務めている間に、何としても実現したい」と意気込む。「川崎市民の歌『好きです かわさき愛の街』のように、川崎を愛の街にしたい。レビューにはその力がある」。将来的には、川崎発の名物として「神崎流」の舞台を広げ、全国に発信しようと目論む。舞台演芸を通じ、地元川崎の新たな幕開けに挑戦する。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク