多摩区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

避難所にプロパン設置を 県LPガス協会が要望

阿部市長(中央)に要望書を手渡す協会関係者
阿部市長(中央)に要望書を手渡す協会関係者

 公益社団法人神奈川県LPガス協会(古川武法会長)は8月2日、川崎市内の学校や病院など避難場所へのプロパン(LP)ガス設置促進を要望するため、川崎市役所を訪問した。会を代表して齋藤敏夫専務理事と川崎北支部の関口淳也支部長、川崎南支部の吉原繁支部長らとともに阿部孝夫市長に要望書を手渡した。

 要望では、首都圏直下型地震など大規模災害が想定される中、川崎市が2011年に条例を制定した避難所の整備が進んでいないとして、早急な整備を求めている。

 市長を前に協会は、過去の震災発生の際に、LPガス供給の途絶えが少なかったことから災害に強いことや、同協会が地震対策助成金を導入していることなどを説明した。また、孤独死を未然に防ぐことを目的として、同協会が今年5月に県と地域見守り活動に関する協定書を締結したことから、会員が地域に密着した企業であり、災害発生の際に迅速に対応できることを訴えた。これに対し、阿部市長は「昨年の震災では想定していないことが起きた。災害時のエネルギーは非常に重要で、最適な配置をしておく必要がある」と話した。

 川崎市は2011年に、避難所として定めた施設の機能整備及び円滑な運営管理に関する条例を制定。備蓄倉庫や災害トイレなどのほか、炊き出し用の熱源確保(プロパン)の常備などを市の責務として、災害に備えた機能整備を推進している。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク