多摩区版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

見て知って事故の怖さ 菅小で交通安全教室

社会

 菅小学校で9月15日、「自転車の正しい乗り方教室」が行われた(主催=多摩区交通安全対策協議会、協力=菅町会)。同校の児童や保護者、地域の住民ら約200人が参加した。

 事故の怖さを知ってもらおうと、校庭に登場したのはスタントマン。実際の事故を再現し、衝撃や危険を伝える「スケアード・ストレート」という手法がとられた。見通しの悪い交差点での事故や巻き込み事故などの再現では、スタントマンが自転車ごと跳ね上がられ、衝撃の瞬間は多くの人が息をのむように見入っていた。事故のシーンにあわせた解説も行われ、「どこが悪かったのかな?」などの質問に子どもたちは元気よく答えていた。

 見学していた白鳥真由佳ちゃん(7歳)は「すごく危ないということがわかった。これからはもっと周りを確認する」と話した。

 同協議会の井田肇(ただし)副会長は「事故の危険性がよくわかった。自分も自転車に乗るので気をつけたい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク