多摩区版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

専 大福冨ゼミ 防災にワンセグ活用案

ワンセグを活用した地域活性策などを検討する福冨教授とゼミの学生達
ワンセグを活用した地域活性策などを検討する福冨教授とゼミの学生達

 専修大学の福冨忠和教授とゼミの学生らが、ワンセグを防災に役立てる活用案を模索している。

 福冨教授らが活用を検討しているのは、半径数百メートルの狭い範囲内の携帯端末に映像を配信する「エリアワンセグ」。大規模災害の発生直後に、周辺の避難情報や援助・支援情報を配信することを視野に実験を重ねている。

 東日本大震災の発生時、石巻市などでは長期間に渡って固定電話や携帯電話、インターネットの回線が途絶えた。代わって有線回線を利用しないエリアワンセグやラジオ放送などが支援のための情報配信に役立ったという。福冨教授は「大地震の発生が予想されている関東地域でもワンセグなどを活用した緊急災害情報の配信・流通手段を整備しておく必要がある」と話す。

 教授らは5〜10Km範囲で受信可能なエリアワンセグ局(情報の発信基地)を県内に100〜150カ所設置し、エリアごとの避難情報を送信することや、緊急災害(FM)放送局の中継範囲外で情報発信する仕組み作りを提唱している。

 1日に行われた川崎市総合防災訓練では、映像配信実験を行った。上空のヘリコプターから災害本部テントに周辺の被害状況をとらえた映像を送り、本部から半径数百メートルの携帯端末に配信。テント周辺の人々が同時に同じ映像を共有できることを確認した。

 福冨教授は「災害時に本格的に稼動させるには検証・検討が必要だが、周辺の大学や様々な施設と協力体制を築き、有事の際に情報を配信できる拠点を増やしておくことが重要といえる」と話している。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

今季初戦はセレッソに黒星

川崎フロンターレ

今季初戦はセレッソに黒星

2月16日号

梅咲き誇る園内に招待

よみうりランド

梅咲き誇る園内に招待

2月16日号

南極と菅小 映像つなぐ

中野島小から2人受賞

かながわ夢絵コンテスト

中野島小から2人受賞

2月16日号

110人にバドミントン指導

失敗恐れず挑戦を

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク