多摩区版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

元禄型地震想定 市内広範囲で震度6弱 市が被害調査中間まとめ

 川崎市は18日、地震被害想定調査を見直した中間取りまとめを発表した。新たに相模トラフ沿いを震源とするマグニチュード(M)8・2の元禄型関東地震の被害を追加し、市内の広範囲で震度6弱と想定した。宮前区を中心に震度6強となる地域もあるという。

 調査の見直しは、川崎市が設置した東日本大震災対策検討部会で最新の知見に基づいて実施した。前回の調査で被害をまとめたM7・3の川崎市直下の地震についても再検証した。

 相模トラフ沿いを震源とする地震の被害は今回、元禄型関東地震を想定した。前回調査したM7・9の大正関東地震の再来型では震度6強の地域が臨海部に集中していたものの、元禄型では宮前区を中心に震度6強となることがわかった。多摩区は広範囲に渡って震度6弱で南側の一部に震度6強の地域が点在する結果となった。

 建物倒壊による死者(午後6時)は前回調査の207人から軽減して190人と算定した。川崎区や幸区、中原区が軽減し、宮前区で被害が増大するとした。

 直下地震は最新の地盤モデルに基づいて再検証した。前回調査と同様に市内の広範囲で震度6強が想定され、幸区や高津区の一部の地点で震度7となった。建物倒壊による死者(午前5時)は570人で前回調査の850人よりも少なくなると見込んだ。

 市は今後、火災被害や人的被害、ライフライン被害についても調査する方針。新たに▽主要駅毎の帰宅困難者数▽相模トラフ沿いの大地震による長周期地震動による被害▽慶長型地震による津波被害―も調査を進めるとしている。

 この見直しを踏まえて、市は地域防災計画や備蓄計画などの各種計画の見直しに反映させる。臨海部については石油コンビナート災害や液状化、津波の対策を盛り込んだ新たな防災対策計画をまとめる方針。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク