多摩区版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

11月15日 はしご酒で地域交流を 登戸駅前商店会が催し

はしごが楽しめる登戸駅界隈の飲食店
はしごが楽しめる登戸駅界隈の飲食店

 気軽な料金で登戸駅界隈の飲食店を「はしご」してお酒を楽しんで―。登戸駅前商店会が11月15日、飲み歩きイベント「登戸はしご酒」を行う。商店街の様々な飲食店を巡って、利用客同士の交流を深めてもらおうという。

 「入ったことのないお店にも気軽に入ってもらいたい。『こんなお店があるんだ』と新しい発見をしてもらい、多くの人に楽しんでもらいたい」と話すのは同商店会の吉澤和久会長。

 イベントには、店舗単位の常連客を地域全体の集客につなげ、地域のコミュニティづくりにも役立てたいという狙いがある。

 「はしご」できる対象は登戸駅前商店会に加盟する16店舗。居酒屋だけではなく、蕎麦店やフランス料理店などもある。利用者は事前に3軒はしごできるように2100円支払って700円分チケット3枚を購入する仕組み。店舗側は700円分のドリンクとおつまみのセットメニューを用意する。利用者が店を気に入った場合は通常通りに注文することもできる。

 「登戸はしご酒」と同様に低価格で多数の飲食店を楽しめる催しは「ちょい呑み」とも呼ばれ、2年ほど前から全国各地で開かれるようになったという。男女の出会いの場を提供する「街コン」とは異なり、参加条件はなく、一人でも気軽に参加できるため、地域交流や商店街活性化を目的に開催されるケースも多い。

 吉澤会長は「同じ商店会の中の飲食店でも業種が異なると組合も異なる。このイベントを通じて商店会として一体感があるつながりを作っていきたい」と話す。

 「登戸はしご酒」の開催は11月15日の午後5時から。チケットは登戸ネット(http://www.noborito.net/)で10月1日から先行予約の受付を開始する。

 問い合わせは事務局の高山さん(【電話】044・455・7112)へ。
 

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク