多摩区版 掲載号:2012年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

二ヶ領用水 選奨土木遺産に認定 「江戸時代から現存」評価

桜の名所として知られる宿河原周辺の二ヶ領用水
桜の名所として知られる宿河原周辺の二ヶ領用水
 市内を流れる農業用水路「二ヶ領用水」が先月26日、公益社団法人土木学会の「選奨土木遺産」に認定された。市内で選ばれたのは初めてのケース。江戸時代に造られた用水の機能が現在までの残されている貴重な遺産として評価された。

 選奨土木遺産の認定は、土木技術者らで構成する土木学会が2000年から始めた。幕末から昭和の歴史的な近代土木構造物の保存を目的として年間20件程度認定している。神奈川県内ではこれまで、逗子市と鎌倉市にある小坪隧道・名越隧道や相模原市の小倉橋など9件が認定されている。

 二ヶ領用水は1611(慶長16)年に完成し、多摩川流域の農業用水としては最古で最大の規模を誇る。徳川家康が江戸近郊の治水と新田開発のため、用水奉行・小泉次大夫に命じて開削されたという。江戸時代に現在の川崎市が稲毛領と川崎領に分かれ、その2つの領地を流れていたことから、二ヶ領用水といわれる。

 多摩区内の上河原堰と宿河原堰から多摩川の水を取り入れ、川崎市の全域に枝分かれして全長約32キロにも及ぶという。今回認定されたのは、菅稲田堤の上河原堰から幸区鹿島田付近までの18キロ。各所では市民グループが清掃活動や維持保全活動に取り組み、貴重な水辺空間として親しまれている。

 「二ヶ領用水宿河原堀を愛する会」の関山武男会長は「問い合わせが増えている。次世代に引き継ぐという責任感を改めて感じている」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

音楽と絵 個性込め

磨けば光る多摩事業

音楽と絵 個性込め

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

エコ競う全国大会へ

区内3団体合同チーム

エコ競う全国大会へ

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

田園調布大と協定

長沢地区

田園調布大と協定

2月2日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク