多摩区版 掲載号:2012年12月14日号
  • googleplus
  • LINE

子どもが番組作りに挑戦 科学館のプラネタリウム

文化

9日は機械の操作を練習
9日は機械の操作を練習

 最新鋭のプラネタリウムを使って子どもたちが星空を解説―。こんな取り組みが「かわさき宙と緑の科学館」で進んでいる。来年2月3日に一般も鑑賞できる発表会を開くという。

 プラネタリウムの番組作りに取り組んでいるのは公募で集まった小学校4年生から6年生の15人。子どもたちは9月から集まって作り始め、選んだテーマは「惑星」。太陽系の中を宇宙船で飛び回るような演出を考えているという。複雑なスイッチを操作して星を動かす練習もしており、プラネタリウム上で動く映像もパソコンを使って手がける。発表当日はプラネタリウムの操作もするという。

 同館の担当者は「複雑な操作だが、大人よりも吸収が早いかもしれない」と子どもたちの成長に期待を込めている。

 2月に行われる発表会は、1月に同館が参加者を募集をするという。
 

多摩区版のローカルニュース最新6件

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク