多摩区版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

復興支援コンサート 被災木材でバイオリン 5月7日、ミューザで

演奏家がリレー形式で音を奏でる被災木材でつくられたバイオリン(写真提供/命をつなぐ木魂の会)
演奏家がリレー形式で音を奏でる被災木材でつくられたバイオリン(写真提供/命をつなぐ木魂の会)
 東日本大震災の津波で流された木材で製作したバイオリンを世界1千人のバイオリニストがリレー形式で演奏する「千の音色でつなぐ絆コンサート」が全国で繰り広げられている。5月7日にはミューザ川崎シンフォニーホールで開催される。主催する川崎市南倫理法人会は「バイオリンの音色を通じて被災地に思いをはせてもらえれば」と語る。

 「千の音色でつなぐ絆」プロジェクトは、バイオリンドクターの中澤宗幸氏が発案。東日本大震災の津波で流された家の床柱や梁(はり)などの木材を使って製作したバイオリンの音色を各地で聞いてもらうことを目的としている。この取組みの賛同者が「命をつなぐ木魂(こだま)の会」(又川俊三会長)を組織し、東日本大震災被災者支援のためのチャリティーコンサートを開いている。震災で起きたことを風化させず、世代を超えて語り継ごうとプロ、アマ総勢1千人のバイオリニストがリレー形式で演奏する。

 ミューザ川崎でのコンサートを主催する社団法人倫理研究所の川崎市南倫理法人会(佐藤義浩会長)は、企業の人材育成や企業モラルなどを学ぶ集まり。昨年11月、木魂の会の又川会長をセミナーに招いたのが縁で「川崎市民にもバイオリンの音色を聞いて復興支援に協力してもらえたら」と演奏会の開催を企画した。又川会長は倫理研究所の倫理経営上級インストラクターも務める。

 当日は、バイオリニストで横浜文化賞を受賞した洗足学園音楽大学教授の水野佐知香さんが演奏。タップダンサーのHIDEBOHさんや電子オルガン奏者の洗足学園音楽大学教授の赤塚博美さんが出演するほか、バイオリニストの皆川真里奈さん、ソプラノ歌手の山口和香さん、洗足学園の合唱団、市立坂戸小学校児童がステージに立つ。午後6時開場、6時30分開演。全席自由で前売り券2500円、当日券3000円。会場はミューザ川崎シンフォニーホール(幸区大宮町1310/JR川崎駅から徒歩3分)。問い合わせは、神奈川県倫理法人会事務室(【電話】045・716・6651)。

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

合同チームで全国V

ネオホッケー多摩・麻生

合同チームで全国V

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月30日号

学生、児童と模擬店

多摩区3大学連携

学生、児童と模擬店

3月23日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

生田緑地 動画で集客へ

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク