多摩区版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

川崎北部少年少女発明クラブの運営委員長を務める 瀧上 文雄さん 町田市在住 62歳

「発明の礎」育む多くの体験を

 ○…発足から2年。川崎北部の小中学生を対象に科学教室を提供し、発明の喜びや実験の面白さを感じてもらおうという壮大なプロジェクトを陰で支えてきた。教室の確保やカリキュラムの調整などすべてがボランティアによる仕事。総勢6人の運営委員のまとめ役として走り回る。「小学生の頃の様々な発見や感動は、科学脳を育てていく上でとても重要。子どもたちにはこの時期に多くの体験をしてもらいたい」。工業高校の校長として多くの生徒を見てきた経験が導き出した答えが活動の源となっている。

 〇…1951年、群馬県の商家に生まれた。昆虫が大好きな少年だった。「恐らく日本で一番、石ころをひっくりかえした子ども」。路肩の石ころの裏に潜む未知の生物に魅せられた。強きもの、弱きもの。生きるということ。そこには宇宙が広がっていた。東京理科大受験をきっかけに理科系の道へ。大学院まで進み、研究職も考えたが人間を相手にする職として教育者を選んだ。赴任先は下町の工業高校。生徒ひとり一人と向き合う日々はかつて経験したことのない驚きと発見の連続だった。

 〇…23年の教員生活の後、管理職へ。校長時代はまさに今の活動に続く人間関係やキャリアを築いた時間だった。全国工業高等学校長協会の事務局次長として少林寺拳法連盟の高体連登録に尽力。教育環境の向上や、工業高校の発展に汗を流した。「少林寺拳法の精神は”人とともに”。自分だけでなく、人のために。技術者や科学者を目指す生徒にも、そんな思いが根付けば」

 〇…科学・工業教育の分野の発展と向上は人生のテーマ。理科離れ、学力低下など山積する問題には「長期的スパン」が必要と考える。「何事も育むには時間がかかる。短期的教育制度に頼らず、今しっかりと大人ができることをしていくことが大切。発明クラブの挑戦にはそういう意味でも未来を感じている」

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

加藤 宗一さん

神奈川県フロアボール連盟の会長で、日本代表や市内チームの監督を務める

加藤 宗一さん

3月30日号

原田 弘さん

全国大会で優良団体として表彰を受けた(一財)多摩交通安全協会で会長を務める

原田 弘さん

3月23日号

縄 浩太郎さん

JR登戸駅長に先月着任した

縄 浩太郎さん

3月16日号

関山 弘志さん

「川崎多摩盆栽会」の会長として後進育成に努める

関山 弘志さん

3月9日号

上谷 光彦さん

日本洗車技術指導協会の代表で、多摩区で高齢者雇用の取り組みを始めた

上谷 光彦さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク