多摩区版 掲載号:2013年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

男女共同参画センター 女性向け防災冊子を作成 避難中の悩み対策を紹介

プロジェクトメンバーの(右から)加藤さん、平井さん、坂本さん、三村さんと、すくらむ21の脇本さん
プロジェクトメンバーの(右から)加藤さん、平井さん、坂本さん、三村さんと、すくらむ21の脇本さん
 多くの女性の力になりたい――。川崎市男女共同参画センター(すくらむ21/高津区溝口2の20の1)はこのほど、市民と協力して女性ならではの視点を生かした防災冊子2種類を作成した。市民の自助力の向上を目的に配布する。

 制作したのは「ひとり暮らしの女性のための防災BOOK」と「女性の視点で作った防災手帖 シニア版」の2種類。すくらむ21によると、一般的な防災冊子では扱いが少ないという、単身生活の女性のための防災に着目した。

 「防災BOOK」は生理用品や携帯用ビデといった女性に役立つグッズを詳細に掲載したA5版。「身だしなみを整える感覚でファッションにも防災の視点を」と、災害時でも歩きやすい靴や防寒対策のための羽織物などの防災効果が高い服装もイラスト入りで紹介している。

 「シニア版」はA4版で、基本的に一人暮らしのシニア女性の視点で制作。大きな文字やイラストを多用し、高齢者が読みやすいよう工夫した。

 いずれも全20ページ。地震発生時の対応策、川崎市防災マップや災害用伝言ダイヤルの紹介、防災グッズのリストなど災害に備える様々な情報を網羅している。

 制作の背景にあるのは、被災時における女性ならではの悩み。「プライバシーの確保が難しい避難所ではトイレや着替えが困難」「治安が不安定になり、犯罪に巻き込まれる恐れがある」などと多くの不安を抱える女性のためにと、同センターは昨年9月に「女性の視点でつくるかわさき防災プロジェクト」を結成した。

 市内在住の女性4人を中心に毎月会議を開き、自助力向上の具体策などを模索してきた。今年3月22日には被災時のトイレ事情に関する講座を開催。各地から約130人が詰めかけた。

 冊子制作は同プロジェクトの一環。メンバーが提案した掲載内容をNPO法人「MAMA―PLUG」が編集して作り上げた。両冊子は同センターのウェブサイト(http://www.scrum21.or.jp/?p=5975)でもダウンロードできる。

 問い合わせは、同センター(【電話】044・813・0808)へ。

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

一時(いっとき)避難所、初の訓練

「カード交付型」が多発

区内特殊詐欺

「カード交付型」が多発

3月30日号

「ごみ減量」8人を表彰

初オペラ、歌声響く

日本民家園

初オペラ、歌声響く

3月30日号

3大学が活動報告

グリム童話の名作を上演

アルテリッカしんゆり

グリム童話の名作を上演

3月30日号

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク