多摩区版 掲載号:2013年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市の待機児童 前年減も県内最多438人 人口増で定員追いつかず

社会

 川崎市は先月30日、市内保育所の待機児童数(4月1日時点)を公表した。前年に比べて177人減少したものの、438人で2年連続の県内最多。隣接する横浜市がゼロを達成するなか、早急の有効策が迫られる。

 市の発表によると、認可保育所利用の申請数は2万2164人で、そのうち1万9399人が入所できた。入所していない2765人のうち、国の定義などを踏まえて▼市独自の保育施策で対応(1341人)▼産休や育児休暇中(508人)▼第1希望のみの申請者(439人)▼自宅で求職活動を行う申請者(39人)――を除いた438人を待機児童として算出した。算出法は横浜市と同じ。

 川崎市は今春の保育所数を18カ所増の221カ所とし、1505人増の1万8995人へと定員枠を拡大。2011年度から3年間で4320人の定員増加を図ってきた。ただ、就学前児童数が減少している横浜市とは対照に、川崎市は定員枠の拡大と平行するように就学前児童数も増加。最近4年間の利用申請者数をみると、毎年6〜10%のペースで増加し続けている。

 市は来年春までにさらに定員を1320人増やす計画。今年4月からは入所相談などを受け付ける「子育てサポーター」を各区に配置して待機児童への支援にも乗り出している。

 市の担当者は「横浜市と比べられ、肩身の狭い思いがある。毎年、新設整備を中心に受け皿を増やし、毎年200人くらいずつ待機児童が減っている。着実に計画を実現していきたい」と話している。

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

合同チームで全国V

ネオホッケー多摩・麻生

合同チームで全国V

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月30日号

学生、児童と模擬店

多摩区3大学連携

学生、児童と模擬店

3月23日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

生田緑地 動画で集客へ

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク