多摩区版 掲載号:2013年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 UDタクシーに補助制度 県協会と連携し普及図る

スロープで車いすでも利用しやすい
スロープで車いすでも利用しやすい

 子育て世代や高齢者、障害者などにも利用しやすい仕様のユニバーサルデザイン(以下、UD)タクシーを普及させようと、川崎市が取り組みを本格化させている。専用乗り場の整備に加え、11日には県タクシー協会川崎支部と連携協定を締結した。車両購入費の一部を補助し、2017年までに市内でおよそ150台の導入をめざすという。

 UDタクシーの普及は国も導入目標を設定し、準備を進めている。市では2012年度に車いすの乗降に必要なスペースを備えたUDタクシー対応の乗り場を全国で初めてJR川崎駅西口に整備した。

 UDタクシーはワンボックスタイプの車両が一般的で、手すりや車いす用のステップなどを備えている。ただ、市内を走る車両は18台で、市に登録している法人タクシー(約1461台)の約1%にとどまる。普及が進まない要因は認知度不足や一般車両との価格差などにあるという。

 こうした実態を受けて、市は今回の連携協定を締結。1台あたり約260万円かかるUDタクシーの購入について、国の補助と合わせることによって一般タクシーと同等の負担額になるように市の補助金を設定した。そのほかにも利用拡大に向けたPRイベントの開催やUDタクシー対応の乗り場整備を図るとしている。市は17年までにUDタクシーを市内の法人タクシー総台数の10%にあたる約150台まで増やすことを目標としている。

 県タクシー協会川崎支部では今後、UDタクシー乗車に対する優先かつ円滑な利用ルールの策定やドライバー研修などを行い、サービス向上に努めていくとしている。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

一時(いっとき)避難所、初の訓練

「カード交付型」が多発

区内特殊詐欺

「カード交付型」が多発

3月30日号

「ごみ減量」8人を表彰

初オペラ、歌声響く

日本民家園

初オペラ、歌声響く

3月30日号

3大学が活動報告

グリム童話の名作を上演

アルテリッカしんゆり

グリム童話の名作を上演

3月30日号

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク