多摩区版 掲載号:2013年7月26日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 手足口病患者が急増 手洗いなどを呼びかけ

 首都圏を中心に手足口病が流行している。川崎市でも今月に入り手足口病患者が急増し、14日に警報レベルを3年ぶりに超えた。市では家庭や幼稚園、学校などに対し、「手洗いなどを行い感染予防に努めてほしい」と呼びかけている。

 手足口病は、3〜5日間潜伏期間をおいて口の中や手足に水膨れができる感染症。主に夏季に流行し、7月下旬がピークとなる場合が多い。患者の9割は6歳以下の乳幼児で、ほとんどの場合は軽症で特別な治療の必要はなく数日で治るが、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が生じることがあるという。

 市によると、6月下旬から徐々に患者の報告数が増加。7月8日から14日の1週間に市内33定点医療機関で、1カ所あたり8・55人の患者が手足口病と診断され、警報レベルの基準値である5人を超えた。基準値を超えるのは、全国的に大流行した2011年以来。18日には、神奈川県が「手足口病警報」を発令した。人口が密集している首都圏を中心に全国的に流行している。

 手足口病は、患者の咳やくしゃみを吸い込んだり、ウイルスが手を介して口に入ったりすることで感染する場合が多い。

 患者で最も多いのが2歳以下の小児。抵抗力が弱く、ウイルスの種類も多いため、何度もかかってしまう小児も少なくないという。

 市健康福祉局の担当者は、今後も患者数が増加するとみて「小さな子どもがいる家庭や幼稚園、学校などでは特に手洗いやうがいなどを行い感染予防に努めてほしい」と話す。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

4月8日(日)新年度・生徒向け最終説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6件

合同チームで全国V

ネオホッケー多摩・麻生

合同チームで全国V

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月30日号

学生、児童と模擬店

多摩区3大学連携

学生、児童と模擬店

3月23日号

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

生田緑地 動画で集客へ

アルテリッカ多摩区公演

柳家三三と春風亭一之輔、人気落語家の競演が多摩区で実現

http://www.artericca-shinyuri.com/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク