多摩区版 掲載号:2014年3月7日号 エリアトップへ

市農業青年協議会 50年の節目、祝う 高桑会長「次代に繋ぐ活動を」

社会

掲載号:2014年3月7日号

  • LINE
  • hatena
新旧会員と来賓らおよそ100人が来場した
新旧会員と来賓らおよそ100人が来場した

 50周年を迎えた川崎市農業青年協議会(高桑正光会長)は2月25日、高津区のホテルKSPで記念式典を開催した。

 挨拶に立った高桑会長は「この日を迎えることができたのは先輩方の活躍と関係機関の協力のおかげ。60、70、100周年と引き継いでいけるよう盛り上げていきたい」と話した。

 式典には新旧の会員の他、福田紀彦川崎市長やセレサ川崎農業協同組合の柴原裕組合長など関係団体から多くの来賓が駆けつけた。

 来賓を代表して檀上に立った柴原組合長は川崎市の農業を支えた同協議会に感謝するとともに、先の大雪の被害に触れ「こんな時こそ会員同士力をあわせて乗り越えていこう」と話した。

 また、今式典では50周年を記念して制作された青年協議会のロゴマークの発表も行われた。デザインは市立川崎総合科学高校デザイン科がてがけた。

 川崎市農業青年協議会は1964年、農業技術の向上、農家同士の交流を目的に発足した。以来、技術向上や親睦活動の他、市長と農政を協議するなど都市農業の発展に尽力。現在では地域貢献イベントなども開催し、住民との”絆”づくりにも力を入れている。

多摩区版のローカルニュース最新6

多職種連携 形探る

パーキンソン病

多職種連携 形探る 社会

区内医師らウェブ講話

11月20日号

運動会 教室へライブ中継

登戸小

運動会 教室へライブ中継 教育

PTA・教職員ら一丸

11月20日号

散歩コース遊園駅ほか

散歩コース遊園駅ほか 文化

小田急電鉄

11月20日号

企画展示をウェブ公開

登戸研究所

企画展示をウェブ公開 文化

11月20日号

子どもの権利の日

子どもの権利の日 教育

図書館展示

11月20日号

苔で作るテラリウム

苔で作るテラリウム 文化

29日、日本民家園

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク