多摩区版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

市庁舎耐震対策 当初案通り現地建替え 15年度末までに基本計画

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
建替えが決まった市役所本庁舎
建替えが決まった市役所本庁舎

 川崎市は14日、本庁舎・第2庁舎耐震対策構想と今後の取り組みを発表した。昨年12月に発表した構想案通り、現庁舎の敷地での建替えとした。学識経験者や公募市民らで構成する外部委員会を立ち上げ、2015年度末までに基本計画を策定する方針。

 本庁舎本館は1938(昭和13)年、本庁舎北館は1959(昭和34)年、第2庁舎は1961年(昭和36)年に築造され、いずれも最低限必要な耐震基準を満たしていない。

 市はこれまで、耐震補強を施す手法も検討したが、本庁舎は建設当時の詳細な図面がなく、工法や工期が不確実なため、困難と結論付けた。また、建設地は武蔵小杉駅周辺と武蔵溝ノ口駅周辺も候補に挙げたが、商業・業務機能の集積度やコスト、用地確保などの面で現庁舎敷地が優位と判断した。

第2庁舎 当面使用

 市の今回の発表によると、内部委員会と外部委員会による検討体制をつくり、新庁舎の規模や施設配置、整備手法などを盛り込んだ基本計画を15年度末までに策定するという。本庁舎から賃借ビルへの仮移転は14年度から段階的に進め、15年度末までに完了させる。

 ただ、市議会や上下水道局などが入る第2庁舎は当面使用する方針で、安全を確保するための補強工事を14年度中に着手する。

 市の担当者によると、国の基準などに照らして新庁舎を建設した場合、第2庁舎などの機能が集約できる見込みという。「基本計画を策定する中で具体的な整備の方向性やスケジュールを示したい」としている。

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク