多摩区版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

川崎市 待機児童62人 大幅改善 定員増や補助拡大で

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

 438人だった保育所の待機児童が62人に激減――。川崎市は先月26日、待機児童数を発表した。2年連続の県内ワースト1から脱して大幅な改善となった。待機児童の問題は福田紀彦市長が「最重要課題」として掲げ、市を挙げて取り組んできた。

 市の発表によると、今年4月1日時点の就学前児童数は前年比54人増の8万963人。保育所利用申請者は前年比1336人増の2万3500人で過去最多を記録した。実際に入所した児童数は前年比1531人増の2万930人だった。

 保育所に入れなかった児童は2570人。国の定義に従って「川崎認定保育園」や「おなかま保育室」など認可外施設で対応した児童数を差し引いた62人を待機児童として算出した。前年の438人と比べて376人減少した。同様の算定を始めた01年以降で最少となった。

 区別の内訳は宮前区が最多の16人、次いで中原区が14人、高津区が9人、多摩区が7人、幸区が6人、麻生区と川崎区が5人だった。

 待機児童対策は昨年11月に就任した福田市長の選挙公約のひとつ。昨年12月に対策推進本部を設置し、認可保育園の整備を進め、1330人の定員増を図った。川崎認定保育園の助成対象を拡大し、保育料補助を最大2万円まで増額し活用を促進した。また、全区に担当者を配置し、保護者の相談機会を拡充した経緯もある。

 市は「待機児童ゼロ」をめざし、来年4月に認可保育所の定員を1540人分増やす計画。市民・こども局の担当者は「職員体制を整備しながら保育資源を有効に活かしていきたい。各区できめ細やかに実施して1人残らず紹介できる体制を整えたい」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

熱中症 前年の1.7倍

川崎市救急搬送

熱中症 前年の1.7倍 社会

高齢者中心、各区で啓発

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 文化

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

ボトル再製品化へ試行

サミット中野島店

ボトル再製品化へ試行 社会

市内連携で「新・循環モデル」

7月16日号

登戸駅前に移動型店舗

小田急電鉄

登戸駅前に移動型店舗 経済

 

7月16日号

学生推薦100冊を特集

専修大コンパス

学生推薦100冊を特集 文化

多摩図書館 初コラボ展示

7月9日号

川沿い花壇、市大賞に

五反田自治会

川沿い花壇、市大賞に コミュニティ社会

園児体験や生ごみ堆肥も

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter