多摩区版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

登戸研究所保存の会 「戦争遺跡で平和学んで」 小中高生向け書籍発行

文化

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena
A4判で全48ページ
A4判で全48ページ

 戦争遺跡を通じて平和について考えてもらおうと、「登戸研究所保存の会」が編集を手掛けた書籍「ひみつにされた登戸研究所ってどんなとこ?」が先月24日、発行された。地元の歴史を伝える資料として小中学生を対象に配布するという。

 登戸研究所は戦時中、現在の明治大学生田キャンパスの敷地内一帯に建てられた旧日本陸軍の秘密研究所。細菌兵器や風船爆弾が作られたほか、相手国の経済を混乱させるための偽札作りが行われていた。

 戦後も秘密にされていたが、80年代から市内の高校生や市民が調査を進め、実態が少しずつわかってきた。06年には「登戸研究所保存の会」が発足され、戦争遺跡としての保存を訴えてきた。施設の大半は解体されたが、10年に明治大学が「平和教育登戸研究所資料館」を開設した経緯がある。

 保存の会ではこれまで、研究所の歴史をまとめた書籍2冊を発行しているが、いずれも大人向けの内容。「資料館には中高生が見学に来ることも多いので、子どもでも読みやすい資料づくりが求められていた」という。

 書籍はA4判で全48ページ。小学生にもわかりやすいようにイラストを多用した。当時の研究所で働いていた人や周辺に暮らしていた人の証言を集め、爆弾づくりの実態から当時の街の様子や住民の暮らしぶりを伝えている。研究所で働く前に憲兵による身元調査があったり、風船爆弾を見かけても見ないように指示されたりといったエピソードも紹介されている。

 編集を担当した保存会の今野淳子さんは「自分たちの住んでいる地域の歴史を知ってもらい、平和についても学んでもらえれば」と話す。

 5000部印刷され、書店で流通する分を除いた3000部は資料館を見学に訪れた川崎市立小中高生を対象に贈呈する予定。市立小中学校や図書館にも寄贈するという。本の定価は864円。発売は株式会社てらいんく(麻生区/【電話】044・953・1828)。

多摩区版のトップニュース最新6

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

20年前と未来、思う

子ども会稲田部会

20年前と未来、思う 教育

70周年でタイムカプセル

11月20日号

にぎわいの3連休へ

向ヶ丘遊園生田緑地

にぎわいの3連休へ 社会

2つの催し 地元店一丸で

11月13日号

終電 来春20分繰り上げ

小田急電鉄

終電 来春20分繰り上げ 経済

登戸など区内駅も影響

11月13日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

「市民利用」 方法探る

区役所生田出張所

「市民利用」 方法探る 社会

来夏開所、ルール検討へ

11月6日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク