多摩区版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

今年度から川崎市農業青年協議会の会長を務める 安藤 剛志さん 菅北浦在住 41歳

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

「市内産をアピールしたい」

 ○…市内の20代から40代までの若手農家で構成する川崎市農業青年協議会の会長に4月、就任した。昨年で50周年を迎えた同会のメンバーは現在30人。都市農業の担い手同士の情報交換や仲間づくりの場として、月に1回定例会を開き、主催イベントの打ち合わせや家族同士の交流会を行っている。恒例となっているのが市民参加の農業体験。種植えや収穫、時には出荷の荷づくりを体験してもらう。「都市農業が身近にあることを知ってほしい」

 ○…自身は多摩区菅北浦で梨を中心に生産している。梨づくりは天候や気温はもちろん、虫や病気の対策、受粉や消毒の作業があるため、1年を通じて気が休まる時がない。「毎年条件が違う。1年に1回の大勝負をしている気分」。協議会の仲間に支えられた部分も大きいという。「お客さんの『おいしかったよ』の一言が嬉しくて、また来年も作りたくなる」。そんな消費者の声が原動力だ。

 ○…幼い頃から夢だった料理人として飲食店に就職し、20代は腕を磨いてきた。父親が倒れたのをきっかけに30代で農家を引き継ぐことを決意した。「子どもの頃から当たり前にある畑がなくなることが寂しかった。梨を放っておけなかった」。いざ始めてみると、料理人だった時にはわからなかった農業の大変さに気づいた。「市場で仕入れていた野菜も果物も、自分で作ると簡単にできるもんじゃなかった」と振り返る。 

 ○…大切にしている言葉は『縁』と『一期一会』。農業を通じて地元の人とのつながりや協議会の仲間とのつながりを実感している。同協議会の良さを「自由なところ」で「失敗が許されるところ」といい、チャレンジ精神にあふれる仲間からの刺激も多い。協議会では今後、市内産をアピールするため直売イベントを充実させる計画だ。まとめ役としての役割は大きい。「市内産の野菜や果実は新鮮で美味しい。市内産の認知を上げていきたい」 
 

多摩区版の人物風土記最新6

吉田 祐記さん

多摩川流域で研究する(一財)エコロジカル・デモクラシー財団の事務局を担う

吉田 祐記さん

堰在住 36歳

5月14日号

古川 由美子さん

東京五輪の聖火リレーで民間枠のランナーとして6月に大磯町を走る

古川 由美子さん

県立多摩高校出身 56歳

5月7日号

高橋 英司さん

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した

高橋 英司さん

登戸在勤 51歳

4月30日号

伊藤 直人さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)で今春から学生代表を務める

伊藤 直人さん

麻生区在住 20歳

4月23日号

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter