多摩区版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

劇団わが町 旗揚げ作を再演 来年1月、多摩市民館 

文化

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena

 新百合ヶ丘を中心に活動する市民劇団「劇団わが町」が、旗揚げ作品「わが町しんゆり」を11月に麻生市民館で再演する。来年1月には多摩市民館でも再演する。同劇団は7月にオーディションを開催し、長期間活動する第2期劇団員を募る。

 劇団わが町は2012年に立ち上がり、劇団員は麻生区や多摩区など市内を中心とした約40人が在籍。年齢制限はなく6歳から76歳までのメンバーが所属している。

 「わが町しんゆり」は、1938年にアメリカで発表されたソールトン・ワイルダーの「わが町」をもとに、麻生区在住の劇作家・演出家として活躍するふじたあさや氏が翻案・演出を担当。「わが町」の原作と、その原作を新百合ヶ丘に置き換えたシーンを入れ、「しんゆりバージョン」と「アメリカバージョン」を同時進行させ並行して上演するという作品だ。

 これまで同劇団では、「わが町しんゆり」のほかに今年3月に「夢みる人」を上演しているが、会場はいずれも川崎市アートセンターだった。今回の再演では、「演劇をより身近なものに感じてほしい」と初めて麻生市民館で行うほか、分区前は「多摩区」だったこともあり、来年1月に多摩市民館で上演する。

 同劇団では、今回の再演や来年3月には新作舞台を上演する予定で、いずれかに参加する劇団員のオーディションを7月6日に開く。同劇団が劇団員を募集するのは、結成以後初となる。今回の募集は出演者オーディションではなく、出演、スタッフワークなど長期的に活動する劇団員として舞台づくりに参加することが条件。応募締切は6月26日(必着)。専用申込書に必要事項を記入し、郵送かFAXで申し込む。

 申し込みに関する問い合わせは市アートセンター(【電話】044・955・0107)。

多摩区版のトップニュース最新6

7年ぶり箱根駅伝へ

専修大

7年ぶり箱根駅伝へ スポーツ

予選会10位 「多摩川練習」実る

10月30日号

「謎解き」で魅力再発見

多摩区

「謎解き」で魅力再発見 文化

明大生や商店、力合わせ

10月30日号

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を コミュニティ社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク