多摩区版 掲載号:2014年6月27日号 エリアトップへ

正社員の機会つかみ取って 就職チャレンジ事業始まる

経済

掲載号:2014年6月27日号

  • LINE
  • hatena
入社式には88人が出席した
入社式には88人が出席した

 就職先が決まらないまま高校や大学を卒業した若者らを対象に、ビジネスに必要な知識やマナーの研修と職場実習を施し、実習先の企業での正社員入社を目指す川崎市主催の「新卒未就職者等就業支援事業(かわさき就職チャレンジ事業Ⅴ)」第1期が今月2日から始まった。

 同事業は市内在住の新卒未就職者や既卒3年以内の未就職者、40歳未満の若年求職者を対象に市が10年度から実施している。今回は233人が応募し88人が選ばれた。

 受講者は、市から事業委託を受ける人材派遣大手のインテリジェンス社に一旦入社し、給料をもらいながら研修や実習を受ける。

 砂子で行われた入社式では原野司郎インテリジェンス社執行役員が「本当の入社式は各企業に入ったとき。(就職の)チャンスは自らつかみ取るもの。この機会をしっかり活用していただきたい」と訓示。伊藤和良市経済労働局長は「最後は突破力と努力。輝かしい未来に向かって走ってもらいたい」とエールを送った。

 第1期は11月まで実施。市によると、2期生の募集を7月から行うとしている。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

エコバッグ活用へ

エコバッグ活用へ 経済

長沢商店会、思いつなぐ

6月11日号

意識広がる 店頭ポスター

意識広がる 店頭ポスター 経済

多摩区商連×多摩エコスタイル

6月11日号

今年も「写真供養」受付

【Web限定記事】川崎写真師会

今年も「写真供養」受付 文化

市内4カ所で14日から

6月11日号

電気自動車 身近に体感

向の岡工高

電気自動車 身近に体感 教育

日産が出前授業、生徒66人

6月11日号

県議の所属委員決まる

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter